読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体内時計

精神疾患持ちの楽観的な日常

少し這い上がる

おはようございます

昨日はずっと沈んでました

食欲もなく口にするのはコーヒーかジュースぐらい

あれから意味もなく同じことで不安に駆られてたので薬飲みながら洗濯したり少しだけ外出たりしてました

ずっと絶望感でした

でも一晩眠って思うのはお金取られそうになったらあげなきゃいい

無駄に愚痴を聞かされそうになっても話半分に聞いてればいい

今までしてきたことが全部水の泡になる訳ではない、多分

未だに沈んでるんだけど本当に食欲無くて餓死しそう

心の底から孤独をひしひしと感じています

誰かに思い切って話してしまえば「こんなことで悩んでたの?」ってぐらい小さなことなのかもしれない

話す相手もいないから塞ぎ込んでしまう

自分の悩みなんて他人にしてみればどれもちっぽけなものという認識は以前からある

だから周囲に話してドン引きされてしまう気がして話せない

まともに働いている時のことを考えたら職場の環境やら仕事の内容やらで頭いっぱいで忙しくて悩む暇もきっと無いはずなのにね

確かに毒家族と血縁関係は法律上切り捨てることは出来ない

でも自分は自分らしく今まで通り生きて行こう

少しはそう思えた

 

少し部屋の掃除をしよう!

また薬飲みながらだけど少しずつ動こう

就労移行支援に今週は全く通所出来なかったけどせめて私生活のリズムだけは保とう

 

どこかのサイトに書いてありました

一般的に休養とは風邪を引いたとかどこか炎症したとかだったら本当に横になって寝て休んでくださいって意味だけど

心の休養は寝て治るだけではない、自分なりに心を休めることをすることだとね

好きな音楽を聴いたりお風呂で癒されたり散歩をして気分転換してみたりそういうこと

今日の自分は何が出来るかな

元気ないけどドトール行きたい

f:id:voice1991xxx:20170303072645j:plain

 

広告を非表示にする