読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体内時計

精神疾患持ちの楽観的な日常

発見したぞっ!

(斎藤さんだぞっ風にタイトルを書いてみた)

 

少し休むと書いてから全然休まずタフになるにはどうしたら良いの?とか

以前の仕事が天職だと思ってたので、天職をどうやって探したら良いの?とか

そんなことをネットで必死に探してた

 

こういう時のネットって便利!

こんなご時世だからこそ色んな生き方をしてる人がいる

常識が全てではない

 

今は余り好きではない母が私が小さい頃からずっと言っていた言葉がある

「好きなことをして生きていきなさい」

「人に迷惑をかけなければいい」

こんな時に親の言葉を思い出すとはΣ(・ω・ノ)ノ!

人に迷惑をかけなければ好きなことができる!

音楽が好き、洋服を作るのが好き、エッセイ的なものが好き

自分が知り得た興味のあるものを人に伝えるのが好き

 

昔は音楽への情熱だけで働いてきた

働くのが嫌いじゃないから続けられた

 

音楽に貢いだ額、貢いだ時間は相当なもの

労力も相当かかってる

全然苦だとは思わなかったし、むしろ寝る間を惜しんで楽しんでた

でも前職以外は本当はそんなに好きでもない仕事だったと思う

接客業なんて本当にめんどくさい、お客様は神様だけど気分屋でもある

なんてことをすごく思ってた

 

だから限界を感じたらそこからは限界しか見えなくなってた

でも前職は仕事に関しての限界は無かったと思ってた

ただ単に自分の心身的な限界だと思い込んでた

よくよく考えると受電人数がその頃は段々減りつつあった

細かい業務の担当部署が区分けされて受電に回ってた人達が新しい部署に配属されるようになってから自分の仕事は増えていく一方でスピードも求められた

自分は丁寧な応対ならなんぼでも出来るが急かされるのが苦手というか嫌である

そういう面で無意識に無理をしていたのでは無いかと思う

 

接客業での限界が見えた時、前職での限界が見えた時、生活上での限界が見えた時、全てにおいて精神的に追い込まれていた時期だった

だったら急かされない仕事で好きなことを探したら良い

もしくは自分のできる範囲の能力やスピードでの仕事で好きなことをしたら良い

 

何かこれヒントが見えてきた!

 

前職と似たような仕事だけど処理時間が自分のリズムと合っていればそれで良い

覚えることは沢山でも良いと思ったが今は少なめが良いかも知れない

これは!コールセンター受信業務の求人を細かく見て探す必要があるかもね!

そして今の環境で自分に出来ることはじわじわとカリキュラムを淡々とこなすこと

でも少し努力が必要なのは朝から行動出来るようにはしないとね(^^;

 

ちなみにこうやってブログ書くのも自分の好きなことの一つだったりする

精神疾患にかかってからの生きづらさは言葉では表せない程のつらさ

きっと自分より苦労してる人はもっともっと沢山いるだろう

自分がつらいが故にこのブログ立ち上げて共感しようというのが本来の目的なんだけど、もしこの読みづらい記事が役に立ってくれるのなら本望かなぁーなんて恥ずかしいことを書いてみる

 

好きなことに突進してくぞー!

でもまったりマイペースな性格でもあるのでゆっくりと楽しく╭( ・ㅂ・)و ̑̑ 

 

長文に付き合って下さりありがとうございました

明日も良い1日を(/・ω・)/

 

広告を非表示にする